食品の選択は健康づくりと深く関わっています

食品の選択は、健康づくりと深く関わっています。この食品は健康を保つためには食べるべきではないというものは何でしょう。動物由来の食品には、トランス脂肪酸が含まれています。このトランス脂肪酸は、心臓病の可能性をアップするといいます。最近の加工食品はトランス脂肪酸を使用していないのでそれほど心配な食品ではありませんが、アイスクリームなどはラベルを確認するようにしましょう。健康のためにはマーガリンではなくキャノーラ、大豆、オリーブなどの液体オイルのほうが良いといいます。液体オイルを原材料にしたマーガリンならば、まだ安心して使えるといわれています。健康のためには未精製の穀類がおすすめです。精製済みの小麦や米を使ったような食事は、栄養バランスを考えるといい選択とはいえません。食品を選ぶ時は、精製されていないオートミールや穀物がおすすめです。甘いものを最低限に留めることも、健康づくりには必要です。カロリーの少ない食事をすることが、糖尿病の人には必要だとされています。砂糖はそれ自体でかろりーがあります。牛肉のホルモンも健康のためにはあまり摂取しないほうが良い食品だといいます。牛肉を選ぶのであれば赤身のほうがおすすめで、1日に200g以上は食べないようにしたほうが良いでしょう。連日の牛肉はやめて、魚や豆をたんぱく源にして食べるようにするといいでしょう。体にいい食材がある一方で、体によくない食材もありますので、献立づくりでは意識することです。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ