ビタミンC のサプリって呑み併せ

最近はさまざまな養分の栄養剤が出ていますので、ビタミンCの栄養剤以外に別のものも利用しているほうがいらっしゃると思います。栄養剤はただ飲めば良いというものではありません。呑み合わせで働きが変わることがあるからです。養分を栄養剤であわせて取り込むと、栄養剤同僚がシナジーを発揮して、より高い働きが得られることがあります。また別の場合には、呑み合わせの乏しい栄養剤同僚を合わせて呑み、悪影響が及ぶこともあります。ビタミンCにはコラーゲンは呑み合わせが激しく、ビタミンCにてコラーゲンが生まれ易くなるため、素晴らしい働きが得られます。また、ビタミンCにはビタミンB12や葉酸の働きを上げる効果があります。一度に摂取する結果それぞれの働きが上がります。ドロドロ血液をサラサラ血に衛生してくれたり、貧血を護衛やれる効果があります。エストロゲンやピルなどの栄養剤は、更年期障害や骨粗しょう症に効果がありますが、ビタミンCという仕向けるのは全然よくありません。いっしょに摂取する結果、エストロゲンの濃度が上がってしまいます。エストロゲンの効き過ぎにならないようにするには、いっしょに服用しないほうがいいでしょう。ビタミンCに限った話ではありませんが栄養剤は、一気に飲んでしまうと働きが上がったり、ときどき半減してしまうこともあるのです。数カ所同時に使用する場合、サプリメントショップにおける薬剤師であったり、自分のかかりつけのお医者さんなどに話した上で、栄養剤を通じてください。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ